アルバイト/1000en以上@バイト
アルバイト時給1000円以上限定 短期バイトも満載! 1000en以上@バイト選科 首都圏/大阪/全国
★☆★どこが正しくないでしょう?★☆★

敬語クイズ コンビニ編
アルバイトとして働く人が非常に多いコンビニ。働く人も多く、出入りが激しいので研修などが疎かになります。
その中で敬語は徐々に変化し、「バイト敬語」と呼ばれるようになりました。
よく「バイト敬語」が話題になるとき、それを批判する人は、バイト敬語全てを批判しがちです。
しかし、沢山あるバイト敬語の中にも(日本語として)間違っているとされるもの、実は正しいもの、どちらとも言えないものが混在しています。 それでも接客業でアルバイトをするのであれば相手に不快感を与える可能性を持つ言葉遣いは避けるべきでしょう。
お客様の世代によって言葉遣いを考えるのもいいですね。

代表的なバイト敬語を紹介するので、より標準的な敬語を考えてみてください。

「よろしかったでしょうか」
「お待ちいただく形になります」
「レシートのお返しになります」
「お次のお客様」

TOPへ戻る
おシゴト講座へ戻る




よろしかったでしょうか
→「よろしいでしょうか」
「お箸は1膳でよろしかったでしょうか」「1万円からでよろしかったでしょうか」などという表現もバイト敬語として挙げられるいい例です。
地域(愛知県/北海道など)によってはかなり昔から使われていたようで、自分の勤務する店に合わせるのがよいかもしれません。
英語などでも、丁寧な表現では助動詞を過去形にして使いますよね。婉曲表現としてとらえる事は十分に可能です。
■戻る


お待ちいただく形になります
→「お待ちいただいております」
この表現はかなり定着していますね。これもバイト敬語に分類されていますが「〜する形になる」という表現自体は古くからあるものです。
■戻る


レシートのお返しになります
→「レシートでございます」
レシートは客が新しく「貰う」ものなのに、なぜか「返す」という表現を使いますよね。
ただし、これも「相手の働きかけに対して、等しい価値をもつ働きをする」という動作として考えれば正しいと解釈する視点もあります。
■戻る


お次のお客様
→「次のお客様」
「お客様」や「お品物」のように「お」をつけて丁寧な表現とする事そのものは適切な用法ですが、
「お」が2つ使われると過剰使用で耳障りであると感じる人は少なくありません。
■戻る

TOPへ戻る
おシゴト講座へ戻る

Copyright(c)Arbeit Japan,Inc